理想のオーディオ電源とは?

答え.全てを実施することはできません
ですが、4.5.6.7.8.9.10.については可能です。
11.12.は頑張れば何とかなるかもしれません。

当店の考えるオーディオ電源工事の重要度

 以上にもとづくオーディオ電源工事を開発して具現化して・・・



ついにアイランドコンセントにたどりついた

 

【使用例】

  1. アイランドコンセント(6回路6個口)はオーディオ機器の傍に置くスタイルなのでプラグを直接差込できます。
  2. 本体重量約8kgありますのでプラグを安定に保持できます。
  3. コンセントは両面に間隔を広く配置したので大型のプラグも余裕をもって接続できます。  

アイランドコンセント本体
両面にコンセントがあり合計6口あります分電盤

ケーブル
オーディオ的には露出配線をおすすめします

分電盤
既設分電盤のそばに追加します

【材料】 

  1. ブレーカーは非金属の合板に取付。
  2. ケーブルは6回路独立のままオーディオ機器まで直接這わせます。

アイランドコンセントの使い方

  1. コンセントプレートを取り外して使うとさらに音色が自然になります。
  2. 逆のアプローチですが、アイランドコンセント本体はコンセントやプレートの音質評価ができる基準器になります。アマゾンさん、ヨドバシカメラさんほかでも多くのオーディオグレードコンセントの取扱があるのでおためしあれ。
  3. コンセントの取り口で音質の違いが現れます。配線方法もご参考にいろいろ試してください。 
  4. 御覧のように床設置方式ですからインシュレーターの使用もほぼ無限に楽しむことができます。
  5. コンクリートは適度に電気抵抗を持っています。アイランドコンセント自身にアース端子を装備していますから、シールド効果を持たせたりと見た目以上に楽しんでいただけると思います。 

オーディオ専用電源をお求めの方は

 問い合わせよりご注文いただきましたら電気工事作業込みでご対応できます。またBASEにてアイランドコンセントタップ一般販売用バージョンパーツセット(お客様要組立)をご用意しておりますのでぜひご利用ください。

2018/06/01

© 2018 Onkado