オーディオ機器の電流位相(力率)制御と音質UP方法2

 店主は考えました。電源トランスは1次を電流位相制御することで音質が向上しました。次に真空管アンプにある出力トランスも電流位相を制御したらどうなるのか検証してみたくなりました。

対象

 トランスやチョークコイルなど誘導性負荷の機器。

動作の理屈

 真空管の負荷と出力トランス一次の電流位相を電圧と合わせることで増幅動作を最適化します。

 

電圧と電流のタイミングの探り方

   もうすこし丁寧に内容を整えてからあらためて紹介しようとおもいます。取り急ぎ方法1を参考にしてください。

使用例

   出力トランス14kオーム:8オームのシングル出力の真空管アンプに抵抗器51kオームとコンデンサー15uFを使ってみました。100Hzと10kHzの時に電圧と電流の位相がそろいました。出力トランスの特徴が消えるようです。真空管アンプは温かいといわせないスッキリした音色になりました。

2019/01/17

© 2018-2019 Onkado Osaka, Japan