理想のオーディオ電源とは???

アイランドコンセント使用例

このアイランドコンセントと設置工事をセットにした商品は新築、リフォーム時に併せてご注文いただければスマートにケーブルの隠蔽が可能ですが、配線を隠したり回路数を増やす、オーディオ専用アース打込みなどのご希望には別対応となります。

【費用内訳】

御打合せ技術費
材料費
分電盤(6回路 約幅30cm×高さ25cm)
ケーブル(1回路当たり最大45m)
アイランドコンセント(1ヶ所6回路 重量約8kg)
補助材料

材料事前検査・調整費
工事費

別途

出張費
消費税

【工事内容および施工条件】

 工事完了までの流れ

 御打合せにより分電盤からコンセント設置予定場所までの長さなどや、工事予定日を決めていきます。その後、お知らせの銀行口座までかかる費用をお振込みください。入金確認をもって受注とさせていただきます。 工事当日は直前調査を行い、協力電気工事会社スタッフが加わり(計2,3名程度)1日内で工事完了とします。

 分電盤の設置場所

 既設分電盤のそばに分電盤を追加設置する際のスペース(幅35cm以上×高さ30cm以上)が必要です。また、ねじ止めなどの固定が伴います。

 ケーブル配線方法

ケーブル長さ

 機器のプラグが届く場所にアイランドコンセントを床設置するものとして、分電盤からアイランドコンセントのケーブル長さは最大45mです。もちろん、できる限り短いに越したことはありません。

ケーブル固定方法

 主に壁裏の間柱を利用して6回路分のケーブルを固定します。

ケーブル配線経路

 分電盤からアイランドコンセントの間は天井隅部分を通り(いわゆる露出配線)、ドア開閉を行う場所を通過する場合は、ドアの周囲に直径5cm程度までの穴を開けられるものとします。硬かったり、分厚い壁で穴あけが難しそうな場合は事前にお知らせください(鉄筋及び柱入りの壁は不可です)。また固定の際、強度が不足する場合は床の上を通す場合もあります。また、リフォーム同時工事などで天井裏配線が容易な場合はそうする場合もあります。

 アイランドコンセント

筐体材質

 機能・性能上の理由よりコンクリートを使用しています。製造には細心の注意を払っていますが多少のムラ、窪み、ザラツキや欠け等があることをご了承ください。

アース有無

 コンセントは画像の通り6個口全てアース接続可能です。しかし、既設分電盤にアース線のない場合はアイランドコンセント6口共、水平方向の通常型 [||] コンセントになります。また、アイランドコンセントまでのアース配線本数は工事当日の判断とさせていただき最大2本までとします。尚、アース打込工事は本商品には含まれません。

 主要材料について

 ONKADOオーディオ電源工事専用特別厳選品です。

大阪 オーディオ電源工事
ONKADO/音果堂
578-0975
東大阪市中鴻池町1-6-2-112
TEL: 090-2708-8533  FAX: 06-6748-8534
info@onkado.jp
代表 朝田 日比樹

オーディオ電源工事ご注文

オーディオ通信販売 BASE
© 2018 Onkado